ソーシャルビジネスニュース

2017.01.07

スキマ時間を有効に!ヘルスケアマーケットジャパンが考える「主婦の新しい働き方」とは?


「ヨコハマ・イノベーションスクラム・プログラム」に参加している事業者の一つであるヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社は、介護人材マッチングサービス「ユアマネージャー」を開発し、運用しています。社長の坪井さんは介護会社に勤めてまもなく、訪問介護の現場ではヘルパーさんの仕事の中で「移動時間」と「待ち時間」がかなり多いという現状に気づき、その課題を解決すべく昨年起業しました。ヘルパーさんが効率的に働けるようになり、業界の人材不足を解消することを目指しています。また、おもに主婦の方々に向けて、資格がなくてもできる介護のお仕事があることを積極的にお伝えし、人材確保に努めています。

詳しくはこちら
http://massmass.jp/project/report_healthcare/

ヨコハマ・イノベーションスクラム・プログラム

関内イノベーションイニシアティブ株式会社が実施するソーシャルビジネスを経営する8事業者を半年間“地域”全体で応援する、アクセラレーションプログラム。横浜で活躍する起業数年目のソーシャルビジネス事業者と、横浜で働き暮らす市民の皆さんの中から“プロボノ”という新しいボランティアワークを通じて、8組のソーシャルビジネス事業者がそれぞれの課題を“持続的”に解決していけるビジネスへレベルアップするためのプラットフォームとして平成28年度ソーシャルビジネス成長支援事業(横浜市経済局委託事業)の一環として行われます。

詳しくはこちら
http://massmass.jp/event/scrum/2016/