特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル 林恵子さん


生まれや育ちの不平等を抱えた子どもたちが困難を乗り越えて笑顔になる!

b4s_1

ブリッジフォースマイルは、人から人へ、今から未来へと、笑顔を架ける橋(Bridge for Smile)となることを目指して2005年に設立された団体。児童養護施設を支援したい企業、NPO、ボランティアなど、外部のサポートを積極的に受け入れている施設と、受け入れ体制が整っていない施設が存在し、結果として、大きな支援格差につながっている。ブリッジフォースマイルは、この格差をなくして、子どもたちが自立するまでに必要とする十分な支援が受けられるようにサポートすることを目指している。

出産が転機に。「やりたいこと」を発見、実現へ。

理事長の林恵子さんは、大学卒業後に9年間PASONAで秘書や営業のチームリーダー職などを経験。出産を機にやりたいことを見つめ直していた時に児童養護施設の存在を知った。児童養護施設支援に特化した団体の先駆けとして注目され、今年で活動は10年目になる。

法人設立2年目に横浜ブランチを出し、来年には9ブランチにまで拠点を拡大予定。横浜での活動は、退所後の子供たちの居場所づくりを目指した、「よこはま Port For」を横浜市こども青少年局の受託事業として運営している。

yporfor

また、「カナエール」という児童養護施設の子どもたちの夢を周囲の大人たちが叶えるサポートをするための奨学金給付付スピーチコンテストも毎年東京・横浜・福岡の3都市で開催している。横浜では、横浜市との共催という形で開催。今年も2015年6月28日にも横浜市開港記念会館で開催を予定している。

IMG_1717-1030x6861-1030x686

よこはまport for
http://www.b4s.jp/activity/ypf/
カナエール
http://www.canayell.jp/

今後は就職支援プログラムも

IMG_8043

林さんは「日本で親と離れて児童養護施設にいる子どもたちは3万人いるのですが施設に入る理由のNo1は親による虐待です。そして、毎年18歳になると施設を巣立って社会に出ていきます。しかし一度社会に出ると、頼れる親もなく学歴や資格、住む家もない中で生活に行き詰ったり、孤立感を深めたりしてしまうことも少なくありません。私達は子どもたちが施設から退所したあとに、自立して社会生活ができるようになることを目指して、色々な講座やプログラムを提供しています」と話している。

今後は、児童養護施設退所者の就職支援のようなプログラムをつくっていくことも考えている。「児童養護施設の退所者はせっかく就職しても短期での離職率が高い現状があります。その時の退職理由として『人に勧められて就いた職であり、自分がやりたいことではない』と他責にしてしまう傾向があるのが現状です。それを防ぐために、早い段階から準備をさせるという意味で、複数の就業先での体験をさせたうえで本人の意思で選択するというステップを組み込みたいと思っています」と話す。

 

特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル
所在地 東京都千代田区大手町2-6-4(株式会社パソナグループ内)
URL http://www.b4s.jp

よこはま Port For
所在地 横浜市西区高島2-5-5 ハイツ横浜203号室
URL http://www.b4s.jp/activity/ypf/


特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル 林恵子さん


生まれや育ちの不平等を抱えた子どもたちが困難を乗り越えて笑顔になる!

b4s_1

ブリッジフォースマイルは、人から人へ、今から未来へと、笑顔を架ける橋(Bridge for Smile)となることを目指して2005年に設立された団体。児童養護施設を支援したい企業、NPO、ボランティアなど、外部のサポートを積極的に受け入れている施設と、受け入れ体制が整っていない施設が存在し、結果として、大きな支援格差につながっている。ブリッジフォースマイルは、この格差をなくして、子どもたちが自立するまでに必要とする十分な支援が受けられるようにサポートすることを目指している。

出産が転機に。「やりたいこと」を発見、実現へ。

理事長の林恵子さんは、大学卒業後に9年間PASONAで秘書や営業のチームリーダー職などを経験。出産を機にやりたいことを見つめ直していた時に児童養護施設の存在を知った。児童養護施設支援に特化した団体の先駆けとして注目され、今年で活動は10年目になる。

法人設立2年目に横浜ブランチを出し、来年には9ブランチにまで拠点を拡大予定。横浜での活動は、退所後の子供たちの居場所づくりを目指した、「よこはま Port For」を横浜市こども青少年局の受託事業として運営している。

yporfor

また、「カナエール」という児童養護施設の子どもたちの夢を周囲の大人たちが叶えるサポートをするための奨学金給付付スピーチコンテストも毎年東京・横浜・福岡の3都市で開催している。横浜では、横浜市との共催という形で開催。今年も2015年6月28日にも横浜市開港記念会館で開催を予定している。

IMG_1717-1030x6861-1030x686

よこはまport for
http://www.b4s.jp/activity/ypf/
カナエール
http://www.canayell.jp/

今後は就職支援プログラムも

IMG_8043

林さんは「日本で親と離れて児童養護施設にいる子どもたちは3万人いるのですが施設に入る理由のNo1は親による虐待です。そして、毎年18歳になると施設を巣立って社会に出ていきます。しかし一度社会に出ると、頼れる親もなく学歴や資格、住む家もない中で生活に行き詰ったり、孤立感を深めたりしてしまうことも少なくありません。私達は子どもたちが施設から退所したあとに、自立して社会生活ができるようになることを目指して、色々な講座やプログラムを提供しています」と話している。

今後は、児童養護施設退所者の就職支援のようなプログラムをつくっていくことも考えている。「児童養護施設の退所者はせっかく就職しても短期での離職率が高い現状があります。その時の退職理由として『人に勧められて就いた職であり、自分がやりたいことではない』と他責にしてしまう傾向があるのが現状です。それを防ぐために、早い段階から準備をさせるという意味で、複数の就業先での体験をさせたうえで本人の意思で選択するというステップを組み込みたいと思っています」と話す。

 

特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル
所在地 東京都千代田区大手町2-6-4(株式会社パソナグループ内)
URL http://www.b4s.jp

よこはま Port For
所在地 横浜市西区高島2-5-5 ハイツ横浜203号室
URL http://www.b4s.jp/activity/ypf/