横浜ソーシャルビジネス事業者レポート vol.3 《横浜ミサリングファクトリー 松本美佐さん》


「横浜ミサリングファクトリー」は、子ども専門のお菓子教室・食育コミュニティとしてスタートした。現在は、大人向けスクールや、個人教室開業スクールにも事業展開している。個人教室サポートの新事業として顧客管理アプリ「tetoco」開発を構想、開発資金をクラウドファンディングで募り、目標金額を120%達成した。アプリ開発や資金調達の成功ポイントを、横浜ミサリングファクトリー主宰者の松本美佐さんに聞いた。

お菓子教室から女性の自立支援への展開

松本さんがアプリ開発に至ったのには、個人的な経験がベースにある。料理店や食品系会社勤務を経て結婚し専業主婦になったが離婚。子どもと自分が生活出来る収入を確保するための就職活動で苦労した。その経験が、女性の自立支援へとつながる。派遣の仕事をしながら興味のあったフードコーディネーターの資格を取得、起業スクールや製菓学校でも学ぶ。2002年、地区センターで全国初の子どものためのお菓子教室「キッズファクトリー」をスタートさせ、5年後にはお菓子教室「横浜ミサリングファクトリー」をオープン。自身の経験やノウハウを生かして女性の自立をサポートすべく、2010年から個人教室開業スクールも開始する。そうした事業展開の中で、個人教室運営者共通の課題である庶務にかかる時間と労力の軽減化をめざし、顧客管理アプリ「tetoco」の開発に踏み切った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「tetoco」開発とクラウドファンディング

松本さんの事業展開の特徴は、自分ひとりの力ではなく常に協力者のサポートがあることだ。日頃から出会った人を大切にし、アドバイスされたことはすぐに取り入れるなど、丁寧なコミュニケーションによって、専門家とのつながりや、松本さんの応援者ネットワークが作られている。

「tetoco」開発のクラウドファンディングも松本さんを応援する各分野のプロフェッショナルがチームとなりバックアップ。さらに専門家助言を得られるように横浜市経済局による「横浜市有望ビジネスプラン助成対象事業」の認定もうけた。クラウドファンディングは、ソーシャルビジネス起業支援を行うmass×massの助言と協力で、faavoを利用することに決めた。その結果、目標金額100万円は計164人から支援を受けて120%達成。個人の規模としては異例の支援者の多さといえる。クラウドファンディングの成功は、結果的に資金調達だけでなく応援してくれる人との関係づくりやお菓子教室の信頼度、「tetoco」の認知度アップにもつながっている。

FAAVO横浜の画面キャプチャ

クラウドファンディング成功のポイント

クラウドファンディングは実際に取り組んでみるとエネルギーも時間もかかる活動で、事前にコミュニティがないとうまくいかない、と松本さんはいう。

松本さんの場合、日頃から活動や考えをSNSで発信していたため、始めからサポートしてくれる伴走者があったことも大きいが、クラウドファンディング講座での学びを活かしたことも大きい。ひとりでなくチームで取り組む、実施期間を約2カ月に設定し最初の1週間で20%達成を目指す、プレゼン動画では社会のためになる事業であることをアピールする、Facebookでつながりのある人全員に個別に依頼メッセージを送付する…など出来ることはすべて実行。イベントやメディア掲載にも積極的に取り組んだことで応援してくれる人たちも盛り上がり、広がりを見せていった。そしてクラウドファンディングの成功によって、個人教室経営者としてだけでなく松本さんの展開している事業全体の信頼が高まり、ステップアップにつながった。

クラファンイベント

さらなる女性の自立支援と個人教室サポートへ

松本さんは個人教室はコミュニティだといい、地域に開くことによって社会に役立ち、教室同士や個人事業者とコラボしたり互いに学び合ったりして、結果的に事業として教室運営もうまくいくと考えている。それは女性がスキルアップし、経済的に自立して税金を払える事業を作る存在となり、社会に貢献していくことでもある。そうした同じ考えを持つ人をつなぐ交流の場として「Liberte」を立ち上げた。また信頼できる教室の見える化を進めるべく、将来的には個人教室主宰者の協会づくりなども「tetoco」の収益を循環させることで運営したいと構想中だ。

企画を次々と実行していく松本さんの原動力は、楽しいと思えることを無理せず続けていくこと、それは必ず世の中のためになるし、役に立つことであるのだという。そんな思いの集大成でもある個人教室管理アプリ「tetoco」は2015年冬リリースする。

Liberte

組織概要

横浜ミサリングファクトリー
http://www.misaling.net/

横浜市港南区の専用スタジオで子どもたちを中心にお菓子好きな人が集まるコミュニティを兼ね備えたお菓子教室を経営。

所在地:〒233−0013 神奈川県横浜市港南区丸山台2−38−2濱ビル2F

tetoco
http://www.tetoco.jp/

取材:2015年8月


横浜ソーシャルビジネス事業者レポート vol.3 《横浜ミサリングファクトリー 松本美佐さん》


「横浜ミサリングファクトリー」は、子ども専門のお菓子教室・食育コミュニティとしてスタートした。現在は、大人向けスクールや、個人教室開業スクールにも事業展開している。個人教室サポートの新事業として顧客管理アプリ「tetoco」開発を構想、開発資金をクラウドファンディングで募り、目標金額を120%達成した。アプリ開発や資金調達の成功ポイントを、横浜ミサリングファクトリー主宰者の松本美佐さんに聞いた。

お菓子教室から女性の自立支援への展開

松本さんがアプリ開発に至ったのには、個人的な経験がベースにある。料理店や食品系会社勤務を経て結婚し専業主婦になったが離婚。子どもと自分が生活出来る収入を確保するための就職活動で苦労した。その経験が、女性の自立支援へとつながる。派遣の仕事をしながら興味のあったフードコーディネーターの資格を取得、起業スクールや製菓学校でも学ぶ。2002年、地区センターで全国初の子どものためのお菓子教室「キッズファクトリー」をスタートさせ、5年後にはお菓子教室「横浜ミサリングファクトリー」をオープン。自身の経験やノウハウを生かして女性の自立をサポートすべく、2010年から個人教室開業スクールも開始する。そうした事業展開の中で、個人教室運営者共通の課題である庶務にかかる時間と労力の軽減化をめざし、顧客管理アプリ「tetoco」の開発に踏み切った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「tetoco」開発とクラウドファンディング

松本さんの事業展開の特徴は、自分ひとりの力ではなく常に協力者のサポートがあることだ。日頃から出会った人を大切にし、アドバイスされたことはすぐに取り入れるなど、丁寧なコミュニケーションによって、専門家とのつながりや、松本さんの応援者ネットワークが作られている。

「tetoco」開発のクラウドファンディングも松本さんを応援する各分野のプロフェッショナルがチームとなりバックアップ。さらに専門家助言を得られるように横浜市経済局による「横浜市有望ビジネスプラン助成対象事業」の認定もうけた。クラウドファンディングは、ソーシャルビジネス起業支援を行うmass×massの助言と協力で、faavoを利用することに決めた。その結果、目標金額100万円は計164人から支援を受けて120%達成。個人の規模としては異例の支援者の多さといえる。クラウドファンディングの成功は、結果的に資金調達だけでなく応援してくれる人との関係づくりやお菓子教室の信頼度、「tetoco」の認知度アップにもつながっている。

FAAVO横浜の画面キャプチャ

クラウドファンディング成功のポイント

クラウドファンディングは実際に取り組んでみるとエネルギーも時間もかかる活動で、事前にコミュニティがないとうまくいかない、と松本さんはいう。

松本さんの場合、日頃から活動や考えをSNSで発信していたため、始めからサポートしてくれる伴走者があったことも大きいが、クラウドファンディング講座での学びを活かしたことも大きい。ひとりでなくチームで取り組む、実施期間を約2カ月に設定し最初の1週間で20%達成を目指す、プレゼン動画では社会のためになる事業であることをアピールする、Facebookでつながりのある人全員に個別に依頼メッセージを送付する…など出来ることはすべて実行。イベントやメディア掲載にも積極的に取り組んだことで応援してくれる人たちも盛り上がり、広がりを見せていった。そしてクラウドファンディングの成功によって、個人教室経営者としてだけでなく松本さんの展開している事業全体の信頼が高まり、ステップアップにつながった。

クラファンイベント

さらなる女性の自立支援と個人教室サポートへ

松本さんは個人教室はコミュニティだといい、地域に開くことによって社会に役立ち、教室同士や個人事業者とコラボしたり互いに学び合ったりして、結果的に事業として教室運営もうまくいくと考えている。それは女性がスキルアップし、経済的に自立して税金を払える事業を作る存在となり、社会に貢献していくことでもある。そうした同じ考えを持つ人をつなぐ交流の場として「Liberte」を立ち上げた。また信頼できる教室の見える化を進めるべく、将来的には個人教室主宰者の協会づくりなども「tetoco」の収益を循環させることで運営したいと構想中だ。

企画を次々と実行していく松本さんの原動力は、楽しいと思えることを無理せず続けていくこと、それは必ず世の中のためになるし、役に立つことであるのだという。そんな思いの集大成でもある個人教室管理アプリ「tetoco」は2015年冬リリースする。

Liberte

組織概要

横浜ミサリングファクトリー
http://www.misaling.net/

横浜市港南区の専用スタジオで子どもたちを中心にお菓子好きな人が集まるコミュニティを兼ね備えたお菓子教室を経営。

所在地:〒233−0013 神奈川県横浜市港南区丸山台2−38−2濱ビル2F

tetoco
http://www.tetoco.jp/

取材:2015年8月